くらし情報『中居正広『音楽の日2019』司会決定をジャニーズファンが非難する理由』

2019年6月16日 10:33

中居正広『音楽の日2019』司会決定をジャニーズファンが非難する理由

中居正広

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

来る7月13日に音楽番組『音楽の日2019』(TBS系)のオンエアが決定。例年同様、中居正広TBS安住紳一郎アナウンサーが総合司会を務めることが分かり、ネットでは「中居くん、出る人によってひいきするからな」「今年は平等にやってほしい」などと、中居のMCの態度に心配の声が上がっている。

同番組は、東日本大震災被災地復興への願いを込めて2011年にスタートし、今年で9回目。東京オリンピック開催まであと1年に迫っていることにちなみ、今年の放送テーマは『汗』に決定した。最大の見せ場となりそうなのは、番組の出演者全員で中島みゆきの名曲『時代』を合唱する企画。合唱の指揮は、ビートたけしが担当するとのことで話題性がありそうだ。

出演にあたって中居は、《9年目となる今年は復興に向けてがんばる方たちや、それぞれの目標や夢に向かってがんばる日本中の人たちへ、歌とパフォーマンスでエールを送り、背中を押せるような番組を目指したい》などと頼もしいコメント。中居とともに総合司会を務める安住アナも意気込みを語った上で、《中居さんも合唱に参加し久しぶりに歌う予定なので、皆さんお見逃しなく》と告知した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.