くらし情報『「カネ貸すから一発やらせて」“ひととき融資”が横行する個人貸金の実態』

2019年6月19日 10:30

「カネ貸すから一発やらせて」“ひととき融資”が横行する個人貸金の実態

「カネ貸すから一発やらせて」“ひととき融資”が横行する個人貸金の実態

(C)Photographee.eu / Shutterstock

インターネット掲示板で知り合った女性に対し、性行為を条件に金を貸し付けていたとして、大阪府下の公務員の男が先ごろ、大阪府警に逮捕された。男は法定金利の最大7倍の高金利で現金を貸し付け、利息も受け取っていたという。

このような〝身体の関係〟を伴う個人間の融資は「ひととき融資」と呼ばれ、最近、ネット掲示板やSNSで広まっている。

「ネット上には〝個人間融資〟のウェブサイトがあり、一般的な金融機関で融資を受けられなかった人が、ワラにもすがる思いでアクセスしてきます。ブラックリスト入りした債務者の〝最後の駆け込み寺〟ともいわれていて、特に女性の場合は、利息だけでなく〝身体の関係〟を求められるケースがほとんどです。金を借りる側は負い目もありますから、受け入れざるを得ないのかもしれませんね」(IT系ジャーナリスト)

個人間融資のサイトをのぞいてみると、20代から40代くらいまでの女性が多いことが分かる。

《今月支払いがきつくて困っています。毎月2万円ずつ返済しますので、誰か助けていただけませんか》
《来月の給料日までお金がありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.