くらし情報『乳がん啓発『おっぱいチェック体操』に懐かしの“アイドル”登場で歓喜!』

2019年6月24日 07:30

乳がん啓発『おっぱいチェック体操』に懐かしの“アイドル”登場で歓喜!

尾崎魔弓 キューティー鈴木

(C)まいじつ

乳がん啓発を目的とした『おっぱいチェック体操』が衛星放送協会の『第9回衛星放送協会オリジナル番組アワード』のミニ番組部門で最優秀賞を獲得した。同体操は20~50代の女性視聴者に向けて、乳がんの啓発や自己触診の習慣付けを目的として制作されたもので、短時間で実施できるようにミニ番組形式にしたことが評価されたようだ。

「1996年以降、乳がんは女性のがん羅患率の中でトップとなっていて、年間1万5000人もの人が命を落としています。最近ではピンクリボン運動が浸透してきていますが、まだまだ受診率が低いのが現状です。おっぱいチェック体操は、リズミカルな音楽に合わせた振り付けで自己検診ができるため、乳がんの早期発見に役立つものとして期待されています」(番組関係者)

番組を制作するにあたりスタッフを悩ませたのが〝おっぱい〟の扱いだったという。視聴者に分かりやすく見せるには、ある程度、おっぱいを強調する必要があるが、だからと言ってセクシー系のモデルを起用すると〝エロさ〟の方が目立ってしまう可能性があるからだ。

「当初は下着モデルの起用も検討されたようですが、最終的には50歳の現役女子プロレスラー尾崎魔弓と、元アイドルレスラーのキューティー鈴木に決定しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.