くらし情報『若いころにベラベラ話しちゃった…売れっ子芸能人たち“性の黒歴史”』

2019年6月23日 10:31

若いころにベラベラ話しちゃった…売れっ子芸能人たち“性の黒歴史”

青木裕子

(C)まいじつ

ブレークした後に過去の情報が流出し、とんだ恥をかく芸能人が多い。ネタにできるならまだしも、その情報が現在のイメージとあまりにも違うため、黙認するケースも。特にそれらは〝性的な黒歴史〟である場合、本人が触れることはまずない。

矢部浩之と結婚した元TBSアナウンサーの青木裕子は、清純なイメージとは真逆の過去を持っているという。

「高校時代と思われる青木が、ピースをしながら〝彼氏大募集〟と募っている雑誌の記事の一部が、ネット上で出回っています。青木は彼氏の条件として、背が180センチ以上、短髪、福山雅治似、気が使える人、常識のある人、ユウコのことをちょ~好きになってくれる人、一緒に受験勉強できる人、すぐに会える埼玉の人、などを挙げています。この企画は2カ月連続で雑誌で行っていたらしく、実際にかなりの応募があったようです。それにしても、条件に〝すぐに会える人〟を挙げるあたり、相当たまっていたのではないでしょうか」(週刊誌記者)

■ 後先考えずに喋ってしまう

今や世界で活躍する渡辺直美は、イメクラ嬢をしていたというトンデモない黒歴史がある。

「週刊誌に、イメクラ嬢時代の渡辺の写真が掲載されたこともあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.