くらし情報『滝沢秀明氏に引き継ぐ覚悟はあるか…ジャニー喜多川社長「奇想天外珍伝説」』

2019年6月25日 14:11

滝沢秀明氏に引き継ぐ覚悟はあるか…ジャニー喜多川社長「奇想天外珍伝説」

滝沢秀明

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

芸能界随一のスター事務所『ジャニーズ事務所』を一代で築き上げ、毀誉褒貶(きよほうへん)を受けながらも多くの功績を残した同事務所社長・ジャニー喜多川氏が、6月18日に都内の病院へ救急搬送されてからというもの、さまざまな憶測が飛び交った。1週間たった25日現在も病状については何の情報も出ていないため〝ウワサ〟の一人歩きは止まらない状況だが、いずれにせよ、87歳という高齢のため、今後の同事務所に大きな影響を及ぼすのは必至だ。

「ジャニー社長は会社経営をジュリー副社長に任せ、タレントのマネジメント業務は滝沢秀明に禅譲する方針を確立しようとしていた。その矢先に倒れてしまったのです。子供のいないジャニー氏は、滝沢との養子縁組を密かに考えているのではないかといわれるほど、若き幹部である滝沢のサポートに心血を注いでいたのです」(週刊誌編集者)

滝沢氏にどれほどの覚悟があるのかは不明だが、あらためて、ジャニー氏といえば、初代『ジャニーズ』から『たのきんトリオ』、『光GENJI』『SMAP』『ジャニーズJr.』に至るまで、すべてのグループをプロデュースしてきたレジェンド社長。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.