くらし情報『篠原涼子の“フェチ”告白に興奮と呆れ声「変な性癖だな」』

2019年6月27日 11:20

篠原涼子の“フェチ”告白に興奮と呆れ声「変な性癖だな」

篠原涼子

(C)まいじつ

6月26日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に女優の篠原涼子が出演。自ら「匂いフェチ」であることを明かし『TOKIO』メンバーの体臭をかいだ。TOKIOメンバーの匂いを独特の言葉で表現しファンは大いに喜んだが、アンチからは「変な性癖」などと呆れる声も漏れている。

篠原はこの日、女優の芳根京子とゲスト出演。番組途中、長瀬智也から「私、変わってるなと思う行動は?」と聞かれると、「変わっているかどうかは分からないが、匂いフェチ」と明かした。自分の体を指さしながら、もみあげや耳の後ろ、鼻筋や鼻翼から出てくる匂いが好きという。女性の各部位の匂いはかいだことがないが、男性の匂いは頻繁にかぐと告白した。

TOKIOメンバーの耳元に近づき「クンクン」

篠原はメンバーの求めに応じて4人の匂いをかぐことに。メンバーの背後に近づき、耳元のにおいをかぎ「うーん、なるほど」「ありがとうございます」と恍惚(こうこつ)の表情を浮かべた。松岡昌宏には「生まれたての赤ちゃんの匂い」、城島茂には「スナックに来た香水をつけてるいい匂いの人」などと、次々とメンバーの匂いを品評していた。

長瀬の耳元に鼻を近づけ「野獣の匂い」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.