くらし情報『棒にア〇ル!?『欅坂46』ド下ネタの放送事故…「カットしてやれよ」』

2019年7月9日 11:04

棒にア〇ル!?『欅坂46』ド下ネタの放送事故…「カットしてやれよ」

欅坂46

(C)まいじつ

欅坂46』の松田里奈が7月8日の『ネプリーグ』(フジテレビ系)で〝放送事故〟を起こした。クイズで誤って〝下ネタ回答〟を完成させてしまい、本人は後ろを向いて大いに恥ずかしがっていた。番組サイドは共演者のリアクションを繰り返し映すなど、面白がるような演出に仕立てたが、視聴者は「カットしてやれよ」と番組の姿勢に疑問を呈している。

松田は欅坂46守屋茜土生瑞穂尾関梨香山崎天とともに出演した。視聴者の間で「放送事故だ」と話題になったのは、『ハイパーファイブリーグ』のパート。松田は原田泰造堀内健を加えた6人で、6文字の答えを1人1文字ずつ埋めていった。

番組では「何かしようとすると思いがけない災難もある」との意味合いを持つ「犬も歩けば…」に続く6文字を問うた。正答は「ぼうにあたる(棒に当たる)」で、松田以外の5人は正解。しかし、松田は「た」を「な」と書き間違え、画面には「ぼうにあなる」と表示されてしまった。視聴者はこれを見て「下ネタだ」「放送事故だ」と大騒ぎとなった。

堀内健が悲鳴「映さないで!」

誤答が表示された瞬間、松田は両手を口にやり、「ごめんなさい…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.