くらし情報『上野樹里が共演者に嫌味連発「こんなキャラだった?」と批判の声』

2019年7月9日 11:10

上野樹里が共演者に嫌味連発「こんなキャラだった?」と批判の声

上野樹里

(C)まいじつ

7月8日に〝月9〟ドラマ『監察医朝顔』(フジテレビ系)がスタートした。主演の上野樹里が監察医をシリアスに演じ、視聴者から高い評価を得ている。一方、番宣で出演したバラエティー番組、情報番組では飾らない姿を見せたが「嫌味を言い過ぎていて不快だった」などと批判する声が続出。ドラマの盛り上がりに水を差す展開となっている。

同ドラマで上野は震災に遭って行方不明の母を持つ監察医・朝顔を演じた。初回では原因不明の死を遂げた女性の死因を、父で刑事の平(時任三郎)とともに探った。震災で母・里子(石田ひかり)を亡くした朝顔は、平とともに祖父が住む被災地を訪れるが、耐えきれず父を残して現地を後にしてしまった。ドラマでは震災当日のシーンも放送、母・里子を亡くす経緯が明かされた。

■ 誤答繰り返す『欅坂46』に嫌味「頑張ってる感じは伝わった」

一方、上野はドラマの宣伝で同日、同局の『ノンストップ!』『ネプリーグ』に立て続けに出演。このうち、『ネプリーグ』では正答を連発し『ネプチューン』など出演者を大いに感心させた。

しかし、視聴者からは批判の声が続出している。『ネプリーグ』のクイズでは『欅坂46』チームと対戦したが、欅坂46のメンバーが誤答を繰り返すたびに「頑張ってる感じは伝わってきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.