くらし情報『『24時間マラソン』タスキ方式に冷ややか…「つなぐたびに感動しろってか!?」』

2019年7月16日 17:30

『24時間マラソン』タスキ方式に冷ややか…「つなぐたびに感動しろってか!?」

よしこ

(C)まいじつ

来る8月24、25日に放送される『24時間テレビ42人と人~ともに新たな時代へ~』(日本テレビ系)で、恒例のチャリティーマラソンに出場するランナー4人のうち2人が発表された。今年はランナー4人がタスキをつなぐ駅伝方式が採用され、残り2人は今後発表される。

7月14日放送の同局『世界の果てまでイッテQ!』で発表されたのは、いとうあさことガンバレルーヤ・よしこの2人。突然のランナー決定に驚くいとうに、番組MCの内村光良は「1人あたり大体6時間。信号があるから大体走ってる時間は5時間」と激励した。

これを受け、ネット上では、

《残りの2人は男かな?別に興味ないけどw》
《何となく想像がつくメンバーだな》
《微妙だなぁ。もうやらなくてもいんじゃね?》
《正直、もはやどーでもいい。マンネリです》

など、冷ややかな意見が多く上がっている。

「タスキをつなぐ方式は2012年に佐々木健介と北斗晶の家族リレーがありますが、本格的な駅伝は今回が初めてです。チャリティーマラソンに関しては、周囲の交通整理や事前準備などに莫大な予算がかかることもあり、ここ数年は毎年のように〝打ち切り説〟が出ていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.