くらし情報『「死ぬかと思った」 長嶋一茂が“ハワイの恐怖体験”明かすも呆れ声続出』

2019年7月16日 11:07

「死ぬかと思った」 長嶋一茂が“ハワイの恐怖体験”明かすも呆れ声続出

長嶋一茂

(C)まいじつ

長嶋一茂が7月15日放送の『1番だけが知っている』(TBS系)で、ハワイに旅行した際に体験した〝恐怖〟を口にした。長嶋は「死ぬかと思った」と当時の出来事を振り返ったが、視聴者からは「ハワイと関係ない」「対処法を知らなかったのかよ」とツッコミが相次いでいる。

長嶋は冒頭、「どこの国に行く?」とスタッフに聞かれると「愚問! 俺が海外に行くって言ったらハワイしかないだろ、なんだその質問」「一茂はハワイ、ハワイは一茂だよ」「何だその質問」と悪態をついた。

「ハワイが好きか、野球が好きか? ハワイに決まってるだろ」とまで言い切る長嶋は、ハワイで年間100日以上を過ごすという。そして「表のハワイもあるし、裏のハワイもある」と切り出し、現地で観光客が襲われるトラブルが頻発していると明かす。「日本人にとっても他人事ではない」と、ハワイの怖さを口にした。

■ ハワイの海で流されパニックに

長嶋は、ハワイで死を覚悟したエピソードを披露。昨年、ハワイ・オアフ島のワイキキから程近い「サンディービーチ」で泳いだ際、砂浜に近いところで海水浴を楽しんでいたはずが、押し寄せる海の流れが急に速くなったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.