くらし情報『中川翔子の“デカ過ぎるカラコン”に恐怖「誰か注意してやれよ…」』

2019年7月21日 07:30

中川翔子の“デカ過ぎるカラコン”に恐怖「誰か注意してやれよ…」

中川翔子

(C)まいじつ

タレントで歌手の〝しょこたん〟こと中川翔子が7月13日、特別番組『音楽の日』(TBS系)に出演した。アニメ『ポケットモンスターサン&ムーン』の新エンディング曲を披露したのだが、視聴者は歌よりも中川の〝瞳〟に注目したようで、「カラコンデカ過ぎて目に光が入ってないから怖い」「目に瞳孔がないんやが」などと、恐怖におののく声が続出した。

今回、中川が披露した楽曲は『タイプ:ワイルド』。もともとは、1998年に『ポケモン』の主人公・サトシ(キャラクターボイスの松本梨香)が歌っていた曲であり、ファンの中では〝名曲〟と名高い。

中川が歌唱する「タイプ:ワイルド」のプロデュースは、前山田健一(ヒャダイン)が務めており、曲のクールさを残しつつ、より一層アップテンポに編曲されたようだ。この曲をカバーするにあたって中川は、「『タイプ:ワイルド』といえばポケモン好きにとっては思い出いっぱいの曲。そんな曲を私が歌わせていただくなんてすごくドキドキします」とうれしさをにじませ、前山田は「皆で声を出せるところをいっぱい作ったので、一緒に声を出して応援してほしいと思います」とコメント。その言葉通り、「音楽の日」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.