くらし情報『吉本社長“涙の会見”に辛辣な声「茶番中の茶番」「よしもと新喜劇かよww」』

2019年7月22日 17:31

吉本社長“涙の会見”に辛辣な声「茶番中の茶番」「よしもと新喜劇かよww」

吉本社長“涙の会見”に辛辣な声「茶番中の茶番」「よしもと新喜劇かよww」

(C)Dean Drobot / Shutterstock

『雨上がり決死隊』宮迫博之、『ロンドンブーツ1号2号』田村亮ら、吉本芸人の闇営業問題について、7月22日、吉本興業の岡本昭彦社長が会見を行った。

岡本社長はコンプライアンスの徹底、芸人ファーストの意識見直しについて触れ、あらためて2人への契約解除処分撤回を表明した。また会見中、時折、涙を見せながら話すなど、複雑な胸中をのぞかせた。

20日の宮迫らの会見に続き、今度は社長の涙の会見劇に、ネット上では、

《今度は社長が涙か。ただのよしもと新喜劇じゃんw》
《茶番中の茶番、馬鹿みたい》
《本当によしもとって異質だな。呆れたわ》
《白々しい涙。ただの身内の内輪揉めに電波使うな!》
《さんまさん、松本さん、身内にさん付けする常識のない会社w》

など、厳しい意見が飛び交っている。

「かつては白ブリーフ姿でダウンタウンの番組に出演するなど、名物マネジャーとして活躍した岡本社長ですが、その辣腕ぶりは業界内でも有名でした。東京制作部でプロデューサーを務めると瞬く間に頭角を現し、関連会社の取締役などを経て社長に就任しました。実力者ゆえに社内でもお山の大将で、今では大崎会長、ダウンタウン以外、意見できる者がいない状態でしたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.