くらし情報『若槻千夏が疲弊する教師たちに暴言「ごくせん見てたでしょ」で大炎上』

2019年7月24日 07:31

若槻千夏が疲弊する教師たちに暴言「ごくせん見てたでしょ」で大炎上

若槻千夏

(C)まいじつ

タレント若槻千夏が、社会問題化している教員の過重労働を肯定する発言をしたとして炎上し、自身のインスタグラムで謝罪を表明した。

7月21日、若槻は同日投開票が行われた参議院選挙の開票特番『zero選挙2019新時代の大問題』(日本テレビ系)に生出演。番組は開票速報の他、政治的課題も伝えていき、近年深刻な社会問題と化している教員不足問題を特集した。

「毎日12時間ほど学校にいる」「先生が1人辞めたことでトイレにも行けない」などといった実例の他、精神疾患により休職する教員が20年前の約3倍になっているデータを提示し、教員不足の深刻さを伝えていった同番組。スタジオでも現役の教師が「プライベートの時間も削って対応している」と過酷な状況を訴え、「勤務時間外の対応をなるべくやめる」「18時以降は電話に出なかったりする」など、教員の負担を軽減する策を語っていった。

■ 〝モンペ的発想〟が大炎上して謝罪

しかし、若槻はこの教師の発言に異議を唱え、「18時以降対応しないで、もし子どもが帰って来なかったらどうすんですか」などと強く反論。教師が「それは学校の役目ではなく、例えば万引があったら警察の役目、他に何かあっても親の役目だと思う」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.