くらし情報『夏目三久“正論”吐いて冷や飯!? 避妊具にも劣らぬ防衛策を発動か…』

2019年7月28日 07:32

夏目三久“正論”吐いて冷や飯!? 避妊具にも劣らぬ防衛策を発動か…

夏目三久

(C)まいじつ

フリーアナウンサーの夏目三久が語った〝報道の在り方〟が、にわかに注目を集めている。

視聴者は早くもウンザリ気味だが、現在のワイドショーは吉本興業の〝お家騒動〟の話題で持ち切り。7月20日に開かれた〝反社会的勢力への闇営業〟に関する宮迫博之田村亮の釈明会見、それに付随した同事務所社長・岡本昭彦氏の記者会見以降、連日にわたり〝吉本の企業体質〟が報道をジャックしている状態だ。

こうしたあおりを受け、この前後に起きたさまざまな問題は吉本の話題に〝かき消されて〟しまうことに。その中には国政選挙という本来であれば最も時間を割くべき一大行事も含まれており、報道量のバランスを巡っては一部から強い批判が上がっていた。

こうしたさなかの24日、夏目は自身がメインキャスターを務めている『あさチャン!』(TBS系)内で、報道のバランスに対して自ら苦言を呈した。

■ 正論を吐くも「リスク」と判断されるおそれが…

この日も多くの時間を割いて吉本問題を報じた同番組だったが、コーナーの終了間際、夏目は言葉を選ぶようにゆっくりと「長い時間を使って芸人さんと吉本興業の労働環境のことをお伝えしてきましたが…これについてはさまざまなご意見があると思いますし、批判もあると思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.