くらし情報『『アメトーーク!』MCに千鳥待望論! 蛍原徹よりも適任!?』

2019年7月26日 11:00

『アメトーーク!』MCに千鳥待望論! 蛍原徹よりも適任!?

『アメトーーク!』MCに千鳥待望論! 蛍原徹よりも適任!?

(C)Dean Drobot / Shutterstock

雨上がり決死隊』の宮迫博之が活動休止に入り、事実上、蛍原徹の1人体制で番組が続いている『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に、『千鳥』の2人のMC起用待望論が出始めている。

7月25日放送の同番組のテーマは「稲ちゃんカッコイイ芸人」。芸歴16年の『アインシュタイン』稲田直樹を「格好いい」と絶賛する芸人が集合。千原ジュニアケンドーコバヤシ、『かまいたち』の山内健司らがひな壇に座った。

千鳥の2人は稲田の相方・河井ゆずるとともに、ひな壇芸人と対になって座り、稲田を「そんなに格好いいとは思わない」(ノブ)と反対の立場で議論を交わした。

■ 蛍原がいなくても進行に影響なし?

視聴者の指摘によると、宮迫はこの日も収録に参加していたとみられ、宮迫と思われる人物のスーツの袖が映り込み、時折、宮迫の笑い声が聞こえてきたという。蛍原は出演した芸人に話を振るなどしたが、芸人のエピソードトークにリアクションを示す役割は主に千鳥の2人が担い、蛍原がリアクションを示す場面は少なかった。

次回予告の映像では、蛍原の隣に有吉弘行が座る姿が流れた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.