くらし情報『ますます“被害”がエスカレート…誹謗中傷に悩まされた芸能人たち』

2019年7月28日 17:31

ますます“被害”がエスカレート…誹謗中傷に悩まされた芸能人たち

ダレノガレ明美

(C)まいじつ

先ごろ、タレント・堀ちえみブログに「死ね」などと誹謗中傷する言葉を何度も書き込んだとして、北海道在住の50代の主婦が脅迫容疑で警視庁から書類送検されていたことが分かり、話題となった。

この主婦は、堀が舌がんの手術を受けた2月4日の前日の3日に、「死ね消えろ馬鹿みたい」などと投稿。堀が食道がんの手術を受けた4月16日には「死ねば良かったのに」と書き込んでいたという。

「主婦は当初、堀のブログを好意的に読んでいたが、ネット掲示板などで『堀のブログはウソばかり』などと書かれていたのを見て、自分もそう思うように。そのため誹謗中傷の書き込みをするようになったとか」(夕刊紙記者)

■ 頭の弱い人はネット禁止

堀のようにタレントがネット被害に遭うことは珍しくない。例えば今年1月、お笑いのたむらけんじが取材で行ったラーメン店の店主がツイッターで、《カメラがなかったらおもろないやつでした》などと投稿した。それを知ったたむらが、「え?嘘でしょ?気持ち良く写真も撮らせていただいたお店にこんなこと言われることあんの?」と自身のツイッターに書き込むと、その店に1日1000件以上もの抗議電話が殺到。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.