くらし情報『あいみょんが押し出す“エロス”戦略に冷めた声…『うんこドリル』と同じ?』

2019年8月9日 19:00

あいみょんが押し出す“エロス”戦略に冷めた声…『うんこドリル』と同じ?

あいみょんが押し出す“エロス”戦略に冷めた声…『うんこドリル』と同じ?

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

8月2日放送のトークバラエティー番組『A-スタジオ』(TBS系)にシンガーソングライターのあいみょんが出演。〝エロス〟について熱弁したが、「サブカルをこじらせた大学生…」と呆れ声が上がっている。

番組では、『スピッツ』の歌詞から〝エロス〟を感じるという話題に。あいみょんは「そういうのが好き。エロいのが」と認めた上で、「音楽をやる人って自分の思っていることを歌詞にして歌って… 変態じゃないですか!」「楽しみです。今後どんな変態が出てくるのか」などと興奮していた。

あいみょんといえば、去る4月5日深夜に放送された『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)では、官能小説の比喩表現からインスピレーションを受けていることも告白している。また、ライブ中には「セックス!」と観客と叫び合うのも恒例だ。

■ うんこドリル売れてますからね

しかし、こういった姿勢は、

《ザ・サブカル女》
《言動がいちいち痛々しい》
《エロはいいんだけどセックス連呼するのとかは中二臭いんだよなぁ》
《この子みたいな若い子がエロスエロス言ってるとほんとキモい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.