くらし情報『深田恭子が銭形警部に!? 『ルパンの娘』名台詞パロディーに大興奮』

2019年8月8日 10:32

深田恭子が銭形警部に!? 『ルパンの娘』名台詞パロディーに大興奮

8月1日に、深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)第4話が放送された。超名作をパロったシーンに、歓喜の声があがっている。

主人公の三雲華深田恭子)は、泥棒一家〝Lの一族〟(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。しかし、結婚を考えている恋人・桜庭和馬瀬戸康史)は〝警察一家〟の長男。同作は、2人の禁じられた恋を描くラブコメディーとなっている。

第4話では、国際ロマンス詐欺師が自宅に隠している金塊をターゲットに、Lの一族が動いていく。華は女性を騙してお金をとった犯人が許せず、いつになく積極的に家族に協力。犯人のもとへと向かった。

ルパンの娘

画/クロキタダユキ (C)まいじつ

■ 『ルパン三世 カリオストロの城』の銭形警部!?

華と対面した犯人は、「俺は、ただバカな女から金をもらってただけだろ! こいつらが勝手に金を振り込んできたんだろ! 俺は何も盗んじゃいねえって!」と見苦しく言い訳する。すると華は「いいや。 あんたは一番大事なものを盗んだんだよ。恋する女のハートをね

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.