くらし情報『内田恭子の久々TV出演に絶句…「痩せ過ぎ」「若作りが痛々しい」』

2019年8月7日 11:09

内田恭子の久々TV出演に絶句…「痩せ過ぎ」「若作りが痛々しい」

内田恭子の久々TV出演に絶句…「痩せ過ぎ」「若作りが痛々しい」

(C)Ollyy / Shutterstock

元フジテレビアナウンサーの内田恭子が8月6日、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。久々にゴールデンのバラエティー番組でトークを披露した。明石家さんまとも息の合ったかけ合いを見せたが、視聴者からは「痩せ過ぎ」「若作りが痛々しい」との声が寄せられた。

慶應義塾大学出身で、2006年に結婚し、2児をもうけた内田は現在43歳。この日は王林丸山桂里奈ら〝おバカタレント〟とも呼ばれる出演者と反対側に座り、〝インテリ芸能人〟として出演した。内田は「私の苦手な人」とのテーマでエピソードトークを披露。会話の途中で割り込み、話を脱線させる人が苦手と明かした。

■ 手を振るたびに腕の細さが目立ち…

この日、内田が明石家さんまのボケに両手を振りながらツッコミを入れる場面が繰り返し流れることに。内田が両手を振るたびブレスレットも揺れ、内田の腕の細さが目立つ形となった。

内田本人は7月24日、インスタグラムで『さんま御殿』出演を報告。

《昨日のさんま御殿収録。夜は前髪を下ろして》

との文章を添え、黒のワンピースで前髪を下ろしたシックな装いを披露した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.