くらし情報『欅坂46平手友梨奈が『ロッキン』でかました“無気力ダンス”に批判続出!』

2019年8月10日 07:31

欅坂46平手友梨奈が『ロッキン』でかました“無気力ダンス”に批判続出!

欅坂46 平手友梨奈

(C)まいじつ

8月4日、日本を代表する野外ロックフェスティバル『ロッキン』こと『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』の2日目に、秋元康氏プロデュースのアイドルグループ『欅坂46』が出演した。

「欅坂」が「ロッキン」に出演するのは、これが3年連続3回目。同イベントはエリアごとにステージが複数存在しているが、「欅坂」は3回とも『GRASS STAGE』のトップバッターを務めており、もはや常連としておなじみの存在になりつつある。

しかし、日頃からファンの間で「やる気がない」「無気力ダンス」などと評されているセンターメンバーの平手友梨奈は、一大イベントのトップバッターとして登場したにもかかわらず、相変わらず鈍い動きでのパフォーマンスを披露。イベントに参加したファンからは、ネット上で、

《平手さん下向いたままステージ徘徊してる》
《昔は180%でパフォーマンスしてたのが20%くらいの力でしかパフォーマンスできてない》
《同一人物によるパフォーマンスかと疑問に思うぐらい過去一でキレなかった》
《平手相変わらず死んでてわろた》
《出るならシッカリやるのがプロやりたくないやれないなら初めから出るなよ》

など、またも厳しい声が上がってしまった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.