くらし情報『阿部寛13年ぶり『結婚できない男』続編にブーイングが浴びせられる理由』

2019年8月10日 17:31

阿部寛13年ぶり『結婚できない男』続編にブーイングが浴びせられる理由

阿部寛

(C)まいじつ

阿部寛が主演を務める10月スタートの新ドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の新キャストが発表された。2006年7月期に放送され、視聴率20%超えも記録した大人気ドラマ『結婚できない男』の続編となる同作だが、ファンからは何とも微妙な声が相次いでいる。

『結婚できない男』から13年後を舞台とする『まだ結婚できない男』。阿部が演じる桑野信介・53歳は、腕のいい建築家でルックスもよく、収入も人並み以上だが、偏屈で独善的、そして皮肉屋なことから周りとよく衝突し、結婚できないでいる。そして、独身生活を謳歌していたところ、新たな女性に出会い、運命の歯車が動き始めていく。

今回のドラマで桑野との新たな恋を予感させるのは、弁護士のまどか役の吉田羊、隣人の早紀役の深川麻衣、カフェ店長・有希江役の稲森いずみ。前作の〝ヒロイン〟たちは、今のところ出演が発表されていない。

この人選や内容に、ネット上では、

《期待してたのに共演者が残念過ぎる。センスなし》
《これじゃない感がすごいな》
《何でこういうことするのかな。すごく良いドラマでエンディングも完璧だったのに》
《40歳なら面白かったけど、53歳の結婚できない男はきついっすわ》

などといった不満が続出している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.