くらし情報『台風接近バーベキュー“被災者”に浴びせられる「バカの自己責任」の声』

2019年8月17日 19:00

台風接近バーベキュー“被災者”に浴びせられる「バカの自己責任」の声

台風接近バーベキュー“被災者”に浴びせられる「バカの自己責任」の声

(C)DenisNata / Shutterstock

夏休みもいよいよ後半に突入したが、今年も全国各地で水難事故が相次いでいる。8月14日には大分県玖珠町の渓谷付近で車が水没して動けなくなったと通報があり、乳児を含む18人が孤立状態になっていたが、その後、警察により無事発見され、全員救出された。

この現場はオフロードバイクやオフロード車乗りのメッカとして有名で、YouTubeには川の中をジムニーなどの4輪駆動車が激走する動画が多数アップされている。18人は6台の車に分乗し、現地を訪れていたという。

「台風が接近し、水かさが増している中でバーベキューを決行し、その揚げ句、車を水没させ身動きが取れなくなったことで、ネット上では救助を求めた18人を猛烈に非難する声が広がっています。川の水はちょっとした降雨で急激に上昇します。乳児までいるのに、なぜもっと早くに撤収しなかったのか…。死亡事故につながらなくて本当に良かったですよ」(地元紙記者)

確かに、ネット上では、

《バカが勝手に取り残されるのは自己責任。むしろ救出活動をしている人たちの二次被害を心配するわ》
《毎年、必ずこういうヤツ出てくるな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.