くらし情報『米津玄師『パプリカ』は“原爆”に関する歌だった? 裏テーマに驚愕…』

2019年8月18日 10:30

米津玄師『パプリカ』は“原爆”に関する歌だった? 裏テーマに驚愕…

米津玄師

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

2018年の『NHK紅白歌合戦』で子どもユニット『Foorin』が披露した、米津玄師作詞作曲の『パプリカ』。同曲を米津がセルフカバーしたMVが9日、自身のYouTubeチャンネルにて公開された。〝しっとり系〟にリミックスされた米津バージョンを聴き、ネットでは「子供ver.のじゃぜんぜん気付かなかった」「考察しどころが沢山ありすぎる」などと新たな〝曲の解釈〟に反響が寄せられているようだ。

米津が歌う〝大人の『パプリカ』〟の反響は凄まじく、公開から5日経たないうちに再生数1000万回を突破。もともと同曲は、2020年とその先に向けて頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの曲として、昨年7月に発表。子どもたちを中心に、人気に火が付き、年末の「紅白」にも出場を果たした。今年の8月から『みんなのうた』(NHK)に採用され、フルサイズでの公開を熱望する声が多くあがるなか、ついに9日MVが公開された。

MVの映像は、「Foorin」のジャケットを描いた加藤隆氏が担当。大人になった〝僕〟が、幼少期に出会った〝風の子〟との思い出を回想するストーリーで、夏の風物詩である打ち上げ花火や風鈴など、日本の情景がふんだんに描かれている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.