くらし情報『スパイか!?『ルパンの娘』瀬戸康史の“プロポーズ”に疑惑「裏がありそう」』

2019年8月22日 10:32

スパイか!?『ルパンの娘』瀬戸康史の“プロポーズ”に疑惑「裏がありそう」

8月15日に、深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)第6話が放送された。瀬戸康史のまさかの〝裏切り〟に、感動の声が続出している。

主人公の三雲華(深田恭子)は、泥棒一家〝Lの一族〟(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。しかし、結婚を考えている恋人・桜庭和馬(瀬戸康史)は〝警察一家〟の長男。同作は、2人の禁じられた恋を描くラブコメディーとなっている。

第5話の終盤で、ついに和馬に正体がバレてしまった華。警察官の和馬との結婚などあり得ないと嘆き悲しむ。一方警察内部では、〝Lの一族〟を見つけたら殺害しても構わないという命令が極秘に下されていた…。

そんな中、華は泥棒に入った先で別の窃盗集団と鉢合わせ、とらわれてしまう。そこへ助けに駆けつけたのが、和馬だった。華を逃がすため、警察には嘘の報告をする。

そして後日、華が働いている図書館に和馬が現れた。自分を逮捕しに来たのか?それとも、本当の別れの時か?華が心に覚悟を決めるが、和馬は自分が捜査一課に異動になったと告げるとともに、華の苦しみを理解できていなかったと謝罪。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.