くらし情報『謹慎芸人『スリムクラブ』反社に喧嘩を売って心配の声「正気か?」』

2019年8月21日 17:31

謹慎芸人『スリムクラブ』反社に喧嘩を売って心配の声「正気か?」

謹慎芸人『スリムクラブ』反社に喧嘩を売って心配の声「正気か?」

(C)Maridav / Shutterstock

闇営業で反社会的勢力の宴会に出席し、金銭授受をしたことで謹慎処分を受けていたお笑いコンビ『スリムクラブ』が8月19日、東京・新宿にある『ルミネtheよしもと』で舞台復帰を果たした。ファン待望の出演だったが、ネタ中に暴力団に対し軽口をたたくと、ネット上では〝反省の色が見えない〟として「倫理観が全くないんだな」「どういう神経?」などと批判の声が殺到してしまった。

闇営業問題で揺れる吉本興業は、同日付で11人のタレントの処分を解禁。『2700』、くまだまさしが舞台復帰する中、スリムクラブも復帰を果たした。ネタが始まると、真栄田賢は「最初はちょっとパニックでね。久しぶりのパニパニパニックでしたよ」と自身の持ちネタに絡めつつ、「すいませんでした。今日で謹慎が解けました。またやるんでよろしくお願いします」と謝罪。謹慎期間中に2人で老人ホームに慰問した際、内間政成は入居者の女性から「最後にお願い。『あったかいんだからぁ』歌って」と、お笑いコンビ『クマムシ』に間違えられたというほっこりエピソードを語った。

そして、流れから〝運気〟を上げようと内間が上半身裸になると、〝登り竜〟といわれる脇毛を披露。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.