くらし情報『ミス・ユニバース日本代表決定にネット騒然「いくら何でもなぁ…」』

2019年8月25日 10:33

ミス・ユニバース日本代表決定にネット騒然「いくら何でもなぁ…」

ミス・ユニバース日本代表決定にネット騒然「いくら何でもなぁ…」

(C)Bart Sadowski / Shutterstock

知花くらら、森理世ら人気モデルを多数輩出している『2019ミス・ユニバース・ジャパンファイナルNEWERA』が8月22日、都内で開催され、兵庫県出身の現役大学生・加茂あこさんが見事グランプリに輝いた。加茂さんは今年冬に開催予定の『ミス・ユニバース世界大会』に、日本代表として出場する。

加茂さんは同大会にエントリーするため、半年から1年かけて体重を約13キロ減量したといい、その抜群のスタイルを目の当たりにした来場者からは、タメ息も漏れたという。一方で、ネット上では〝選考基準〟に疑問を呈する声が広がっている。

《いや、確かにスタイルはいいよ。しかし、本当にこの顔が日本代表でいいのか?》
《個性派美人といえばそれまでだが、いくら何でもなぁ…》
《うーん、何というか微妙だろw》
《目隠しでダーツで選んだとしか思えん》
《こういう顔が外国人受けするのか?嘘だろw》

「知花くららや森理世と比べると、今回グランプリに輝いた加茂さんは、一歩どころか二歩以上も容姿の部分で劣ると言っていいでしょうね。もちろん、顔の美しさだけが選考基準になっているわけではありませんが、選考委員の中に、個性派女性なら世界大会でもある程度通用するだろうという思惑があるのも確かです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.