くらし情報『中川翔子「イジメ告白」で注目を浴びるも“大矛盾”発覚で呆れ声殺到!』

2019年8月26日 19:00

中川翔子「イジメ告白」で注目を浴びるも“大矛盾”発覚で呆れ声殺到!

中川翔子

(C)まいじつ

夏休み明けの通学を負担に感じることが背景とされ、18歳以下の自殺件数が統計上で最も多くなっているこの時期。各メディアは芸能人の〝不登校体験〟や〝イジメ被害告白〟を掲載する自殺防止キャンペーンを行っているが、タレント・中川翔子の告白に、ネット上でツッコミが殺到してしまった。

8月22日、中川は『読売新聞』のインタビューに答え、自殺しようとしている子どもたちへの励ましを交えながら、自身のイジメ体験を告白。中学3年の後半、下校しようとすると下駄箱から靴が消えていたため、これまでのイジメ被害と合わせて泣きながら先生に話したところ、先生が新品の靴を渡してくれたと明かした。

しかし後日、中川は先生から「靴代を払ってくれないか」と言われ、人間不信に陥って不登校になってしまったとのこと。結局そのまま学校に行くことはなく、卒業式にも出席しなかったと暗い過去を振り返った。

■ たび重なるウソにネットも呆れ声

すると、ここでネットユーザーにより、中川が過去にブログで同エピソードを語っていたことが発覚。そこには何と、

《そして卒業式先生にありがとうございましたと言って、しみじみしてたらそうだ中川、ローファー代払えっていわれて ガ━━(;゜Д゜)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.