くらし情報『AKBセンター矢作萌夏“鳴り物入り写真集”大爆死! その納得の理由とは…』

2019年8月27日 19:01

AKBセンター矢作萌夏“鳴り物入り写真集”大爆死! その納得の理由とは…

AKBセンター矢作萌夏“鳴り物入り写真集”大爆死! その納得の理由とは…

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

一部で〝Fカップの広瀬すず〟と称され、『AKB48』の通算56枚目のシングル『サステナブル』のセンターに、グループ加入1年半で大抜擢された矢作萌夏。運営もこれからは矢作を中心に〝新生AKB48〟を売り出していくようだが、この戦略に早速、暗雲が立ち込めている。

矢作は8月にファースト写真集『自分図鑑』を発売。グループ加入から写真集発売までの速さがグループ史上最速となっており、運営がどれほど矢作に期待しているのかがうかがえる。

しかし、何と初週売り上げは6604部(オリコン調べ)。2週目はわずか1172部で、累計1万部すら危うい大爆死を遂げてしまった。

「アイドルの写真集は現在、バブルのような状態で、とりわけ『乃木坂46』『欅坂46』の人気メンバーなら10万部超えは当然。また、その他のメンバーやAKB系の中堅メンバーでも2万~3万くらいは余裕で売り上げます。それだけに、センターである矢作が1万部未満であることは大誤算だったでしょうね」(芸能記者)

■ 運営推しはカンベン!

しかし、アイドルに詳しい記者によると、この〝爆死〟は当然の結果だったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.