くらし情報『最恐最悪の都市伝説「ひとりかくれんぼ」再び流行の兆し…』

2019年8月29日 17:31

最恐最悪の都市伝説「ひとりかくれんぼ」再び流行の兆し…

最恐最悪の都市伝説「ひとりかくれんぼ」再び流行の兆し…

(C)Joe Therasakdhi / Shutterstock

かつてネットの匿名掲示板を中心に話題になり、オカルト好きから〝自分を呪う降霊術〟として流行した『ひとりかくれんぼ』が、最近、若年層の間で再流行しているという。

ひとりかくれんぼは〝現代版コックリさん〟ともいわれる降霊術で、名前を付けたぬいぐるみに米と自分の切った爪を入れて鬼ごっこをするというもの。手相芸人の島田秀平や『南海キャンディーズ』の山里亮太などが、テレビ番組の収録でひとりかくれんぼを試し、恐怖体験したことも流行に影響しているようだ。

「島田はひとりかくれんぼについて『かなり危険』と言っています。実際に島田が行ったときは、お風呂場に置いたぬいぐるみが動いていました。また、島田が隠れているときにリビングに米が落ちるパラパラという音が聞こえたといいます。どうやらお風呂場に置いたぬいぐるみが動き回って、リビングに米を落としたようですね」(オカルトライター)

島田は撮影が終わった後、ぬいぐるみを持ち帰り空き地で燃やしたというが、その際、ぬいぐるみが突然パーンと破裂して、中の米が飛び散り身体に当たったことを明かしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.