くらし情報『NGT48「山口真帆事件」犯人と元支配人につながり?決定的音声データが生々しい…』

2019年9月12日 10:31

NGT48「山口真帆事件」犯人と元支配人につながり?決定的音声データが生々しい…

NGT48「山口真帆事件」犯人と元支配人につながり?決定的音声データが生々しい…

(C)Ollyy / Shutterstock

元メンバーの山口真帆が自宅で待ち伏せしていたファンから暴行を受けた『NGT48』の事件を巡り、『文春オンライン』が実行犯と山口本人のやり取りを記録した音声データを公開した。

公開された音声は、事件の第三者委員会報告書にもたびたび登場した元メンバー・Mが所有していたという、犯行グループ、山口、スタッフによる公園でのやり取り。同音声は事件の直後に録られたとのことで、詰問する山口と弁明に追われる犯行グループの生々しい会話が記録されている。

そして、ファンの間では、犯行グループが発した〝ある言葉〟が物議を醸すことに。音声内の犯人たちは「軽く考えていた」「襲う意図は全くなかった」などと弁明を続けていたが、その直後に「今村さん来れますかね?」と、なぜか当時の「NGT48」支配人であった今村悦朗氏をその場に呼び出したい気持ちを露呈。犯行グループと今村氏に〝私的な関係〟があることを思わせる発言というわけだ。

「今村氏と犯行グループの関係は事件当時から囁かれていましたが、今年5月、『週刊新潮』のインタビューに応じた今村氏は、《(事件直後に)パトカーを覗いて2人の顔を確認しましたが、全く見覚えはなかった》《僕が彼らと知り合いだった、しかも、癒着していたなんて絶対にあり得ません》と、知り合いであることを真っ向から否定していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.