くらし情報『『さんま御殿』昭和生まれの愚痴に総ツッコミ「普通にパワハラでしょ」』

2019年9月18日 11:15

『さんま御殿』昭和生まれの愚痴に総ツッコミ「普通にパワハラでしょ」

『さんま御殿』昭和生まれの愚痴に総ツッコミ「普通にパワハラでしょ」

(C)YuriyZhuravov / Shutterstock

9月17日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に寄せられた一般人の体験談が、視聴者から「ただのパワハラでは」とツッコミを浴びる事態となっている。

この日は平成生まれの鈴木福小林星蘭ら、昭和生まれの八代亜紀IKKO丸山桂里奈らがそれぞれ出演し、世代間で分かり合えないテーマを語り合う放送内容だった。視聴者から問題視されたのは、「ビックリした若者・オジさんオバさんの言動」というテーマ。募った体験談を再現VTRにし、番組内で放送した。

■ 「休みは認めない!」上司が部下に一喝

問題視されたのは、昭和生まれと思われる一般人からの体験談。上司が、職場で平成生まれの20代の新入社員に休みを変更するようお願いしたところ、部下から拒否された場面を間近で見たという体験談が紹介された。VTRによると、上司は「この忙しいときに何を言ってるんだ!休みは認めない」と部下を一喝したところ、「それパワハラ!デスノートに名前を書いておきます」と部下に大声で言われ、上司が呆れていたという。

ここでカメラはスタジオに切り替わり、明石家さんまを中心にトークを展開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.