くらし情報『八嶋智人“妻の料理”がウマ過ぎて涙!?「食べ終わるのが悲しくて…」』

2019年9月18日 19:00

八嶋智人“妻の料理”がウマ過ぎて涙!?「食べ終わるのが悲しくて…」

八嶋智人

(C)まいじつ

9月15日、高校生パティシエ日本一を決める大会『第12回貝印スイーツ甲子園』に、特別審査員として八嶋智人が登壇。同じく審査員の鎧塚俊彦シェフや永井紀之シェフなどと真剣な審査に挑んだ。

同大会は、パティシエへの登竜門としてプロを目指す高校生の目標とされる大会の1つで、毎年ハイレベルな戦いが繰り広げられている。今回の決勝大会には、全国350チーム・125校から書類選考・東西予選大会を勝ち抜いた飯塚高等学校(福岡県)、レコールバンタン高等部大阪校(大阪府)、名古屋調理師専門学校(愛知県)、レコールバンタン高等部(東京都)の4チームが出場し、名古屋調理師専門学校が見事優勝を果たした。

大会の総評として、鎧塚シェフは、「作業態度は高校生だが、出来は素晴らしい仕事だった。これからもよりよいものを求めてがんばってほしい」とエールを送る。

そして八嶋は実際にスイーツを食べた感想として、「大人っぽい感じのスイーツで、洗練されていてビックリするくらいおいしかった。お店に出してもプロが作ったと思われると思います。僕は甘いシュークリームみたいのが好きですが、今日のは食感も楽しめて食べられます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.