くらし情報『内村光良『なつぞら』物議醸した“あの語り”について失敗を認める!?』

2019年9月21日 11:02

内村光良『なつぞら』物議醸した“あの語り”について失敗を認める!?

内村光良

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

NHK連続テレビ小説『なつぞら』で語りを務める『ウッチャンナンチャン内村光良が、自身の語りについて振り返った。かねて賛否が上がっていた印象的なフレーズ「なつよ、来週に続けよ」について言及し、ネット上ではあらためて〝不要〟だとする声が大勢を占めてしまったようだ。

内村は、ヒロイン・奥原なつ広瀬すず)の戦死した父親役として、娘を見守る温かく優しい声でナレーションを吹き込んでいる。放送開始後、物語とは別の第三者としてのセリフが多かったのだが、第9話でなつが父親の形見である手紙を読んだ回で、「なつよ、私は約束通り、今もおまえと一緒にいるよ」と一人称になり、内村が演じる語りは実は父親だったという設定が明らかになった。9月17日の放送では、なつの記憶の中の父親として、内村が登場。背中と手だけの出演でセリフもなかったが、満を持しての登場に話題騒然となった。

「毎日月曜日から土曜日まで放送されている朝ドラですが、毎回内村さんの『なつよ、~』という語りで締められます。そこで、土曜日は〝また来週〟の意味で、『なつよ、~。来週に続けよ』という印象的なフレーズで終わるのがおなじみなのですが、放送開始当初から『来週に続けよって誰目線の言葉なのかよく分からない』『日本語として変』などと、表現に違和感を持つ視聴者が多く見受けられました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.