くらし情報『パワハラ連発! 内山信二の“クズエピソード”がヒド過ぎる…』

2019年9月21日 17:30

パワハラ連発! 内山信二の“クズエピソード”がヒド過ぎる…

パワハラ連発! 内山信二の“クズエピソード”がヒド過ぎる…

(C)popovartem.com / Shutterstock

9月15日放送の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)に、元子役でタレントの内山信二が出演。番組内の企画で「100万円で飲食店経営」に挑んだところ、後輩やマネジャーに暴言を浴びせる場面があり、「パワハラだ」と非難が殺到している。

内山が挑んだのは、〝芸能人〟というネームバリューを使わずに、1カ月間飲食店を経営したら黒字になるのかを検証する密着企画。前回の放送ではキッチンカーで一口サイズの肉巻きおにぎりを販売することが決まり、この日はいよいよ1カ月間の様子が放送されていった。

初日の売り上げが伸び悩んでいることを見た内山は、早速、自身が売り子となって客の呼び込みを開始。さらに、写真撮影と引き換えに商品を売るという〝ルール違反〟の宣伝も始め、その後の売り上げは順調に推移していく。

しかし、TVの仕事が重なった内山が店に顔を出せなくなると、売り上げは再び低迷。内山は「すげぇ疲れる」「後悔してる」と不満を口にし始め、バイトの後輩芸人にも「今日お前休憩すげぇ長くなかった?」「何やってんだお前!?」などと、ストレスをぶつけるようになっていった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.