くらし情報『中絶騒動の『東大王』SNSひっそり再開も野次まみれ…「避妊しよう」』

2019年9月22日 10:30

中絶騒動の『東大王』SNSひっそり再開も野次まみれ…「避妊しよう」

中絶騒動の『東大王』SNSひっそり再開も野次まみれ…「避妊しよう」

(C)Vladimir Gjorgiev / Shutterstock

昨今の〝東大生ブーム〟に乗り、クイズ番組『東大王』(TBS系)レギュラーやライター・タレントと幅広く活躍している医学部6年の現役東大生・水上楓。しかし、7月11日発売の『週刊文春』で妊娠中絶トラブルが報じられると、ネット上には水上への嫌悪感を示す声も多くなってしまった。

「文春」に掲載されたのは、水上の元カノを名乗る女性からの告発記事。それによると、水上は女子大生の同女性と3年間交際していたが、彼女の妊娠が分かった途端に態度が急変したのだという。結局、水上と連絡がつかなくなった女性は今年5月に中絶を決意し、堕胎費用の15万円は自腹で負担したとのこと。すると水上は、別の東大生タレントの中絶スキャンダルが発覚した6月半ば、自身にも心当たりがあると感じたのか、久しぶりに連絡を取ってきたと証言されている。

この報道が影響したのか、水上はそれまで連日行っていたツイッターの更新を、ほぼ同時期の7月10日を最後にストップさせた。インスタグラムの方も7月8日を最後に投稿が途絶え、ファンやアンチから「このまま更新しないのかな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.