くらし情報『小泉進次郎環境大臣の答弁をマネた“ポエム調の自分語り”が大ブーム!?』

2019年9月24日 17:30

小泉進次郎環境大臣の答弁をマネた“ポエム調の自分語り”が大ブーム!?

小泉進次郎

(C)まいじつ

小泉進次郎環境大臣に早くも逆風が吹いている。その理由は、前環境大臣・原田義昭衆院議員が所轄外の個人の見解として「(福島第1原発の)処理水は希釈して海洋に放出するしか方法がない」と語ったことに対し、国の方針ではないと事実上否定した上で、関係者に謝罪してしまった件だ。しかも謝罪の理由が「福島の漁師の皆さんに思いを馳せなければいけない」というもので、全く科学的な根拠がなかったことに批判の声が上がった。

就任から1週間たった9月17日、小泉大臣は福島県を訪問。このときの会見での問答が、さらに拍車を掛けた。記者から原発事故で発生した除染廃棄物について「2045年3月までに県外で最終処分をすることは大きな課題」「その最終処分場の検討が進んでいない。現状や見通しについて見解をいただきたい」と質問されると、「これは福島県民の皆さんとの約束だと思います」「その約束は守るためにあるものです。全力を尽くします」と返答。「具体的には?」と再び問われた小泉大臣は、驚きの答えを返してしまった。

「私の中で30年後を考えたときに、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.