くらし情報『松岡茉優“ゴミ子役”発言に大非難…子役時代の不遇を語るも「失礼過ぎる」』

2019年9月29日 07:32

松岡茉優“ゴミ子役”発言に大非難…子役時代の不遇を語るも「失礼過ぎる」

松岡茉優

(C)まいじつ

女優の松岡茉優が9月21日放送の『おかべろ』(カンテレ)に出演し、子役時代に不遇だったことを告白した。

松岡は「私は若手女優の中では遅咲きだと思ってる。10年ぐらい売れてないので。オーデションには全部で500ぐらい落ちてる」と不遇時代を振り返り、さらに、子役のときのオーデションで、衝撃的な出来事があったことを明かした。

「松岡は自身が参加したオーデションを『それこそゴミ子役が集まって部屋で待っていた』と、自虐的に振り返り、最終的には当時、売れっ子だった美山加恋が遅れて参加したことで、全員が問答無用に帰されたことを暴露しました。MCの『ナインティナイン』岡村隆史が『(美山さんは)VIP的な感じ?』と質問すると、両手を大きく縦に広げ『もうここと、ここですよね』と、待遇の違いを熱弁しました」(エンタメ誌記者)

■ “ゴミ子役”ってひどすぎ

ネット上では、

《今は売れているけど、やっぱ苦労人なんだな》
《下積みがあってこその今があるんだよ。これからも頑張って》
《ゴミ子役なんて信じられないな。超かわいいのに》

など、応援の声が上がったが、一方で、

《わざわざ個人名を出さなくてもいいのにな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.