くらし情報『高橋大輔のアイスダンス転向に懸念される“取り巻き”の存在』

2019年9月29日 10:33

高橋大輔のアイスダンス転向に懸念される“取り巻き”の存在

高橋大輔のアイスダンス転向に懸念される“取り巻き”の存在

(C)Iurii Osadchi / Shutterstock

2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダリストの高橋大輔が9月26日、自身の公式サイトでアイスダンスに転向すると発表した。

高橋は「今年度の全日本選手権で、男子シングルとしての競技会出場を最後とすることにいたしました。応援してくださっている皆様にこの場を借りて感謝いたします。そして、2020年1月から拠点をアメリカに移し、村元哉中選手とアイスダンスを始めることにしました!」などと、新たなチャレンジに胸躍る思いをつづった。

ネット上では、

《ビックリした!でもアイスダンスの方が長く続けられそう》
《日本のアイスは層が薄いから、オリンピック出場できそうだな》
《一度引退しているし、アイス転向はいいと思う》
《これはいいところに目を付けた。応援したい》

など、ファンから歓喜の声が上がっている。

「もともと、高橋がアイスダンスに興味を持っていると聞いた村元が、ダンスのことを話したのがきっかけだといいます。その後、フィギュアと源氏物語を融合したアイスショー『氷艶』で共演した際、具体的に話が進みコンビ結成となりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.