くらし情報『『ルパンの娘』まさかのバッドエンド!? 救われない“2人”に悲しみの声』

2019年10月3日 17:31

『ルパンの娘』まさかのバッドエンド!? 救われない“2人”に悲しみの声

9月26日に、深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)第11話・最終回が放送された。一見大団円のように見えるが、〝救いのないエンド〟だと悲しむ声も上がっている。

主人公の三雲華(深田恭子)は、泥棒一家〝Lの一族〟(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。しかし、結婚を考えている恋人・桜庭和馬(瀬戸康史)は〝警察一家〟の長男。同作は、2人の禁じられた恋を描くラブコメディーとなっている。

第11話では、60年前に華の祖母・マツ(どんぐり)を襲った犯人がついに登場。その正体は、元警視総監の巻英輔(浜田晃)だった。巻英輔は自分の不正の内容を書き留めたノートを〝Lの一族〟に盗まれた過去があり、一族の抹殺を企み、孫の巻栄一(加藤諒)や橋元エミリ(岸井ゆきの)に非情な命令を下していたという。

華の祖父・巌(麿赤兒)は、マツを襲った英輔を長年追っており、ついに60年の前の因縁にけりをつけるため対面、巻英輔らとの戦いに挑んだ。戦いには、〝Lの一族〟や和馬、そしてマツの元恋人で和馬の祖父・和一(藤岡弘、)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.