くらし情報『滝沢秀明氏の“大出世”に戦々恐々…仕事のできないジャニタレたち』

2019年10月5日 17:30

滝沢秀明氏の“大出世”に戦々恐々…仕事のできないジャニタレたち

滝沢秀明

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ジャニーズ事務所が9月27日、新人事を発表。故ジャニー喜多川氏死去により、ジャニー氏のめいの藤島ジュリー景子副社長が新社長に就任した。ジャニー氏の姉で同じく副社長だった藤島メリー泰子氏は会長に。昨年末にタレント業を引退し、ジャニーズ傘下の新会社であるジャニーズアイランドの社長を務めている滝沢秀明氏が副社長に昇格した。

「滝沢氏は子会社の社長であっても本社の重役級、常務クラスの立場ではないかと見られていましたが、それを超える大出世となりました。副社長ということはタレントの採用、人事、営業、賞罰など、すべてを掌握することになるでしょう。よくジュリー新社長と不仲で袂を分かつなんて書いているマスコミがありましたが、全くの的ハズレ。これで会社運営はジュリー氏、タレント部門の統括は滝沢氏という明確な分担ができたと言えますね」(ジャニーズライター)

■ これまでの序列が激変

ここで注目なのが、タレント部門最年長の〝マッチ〟こと近藤真彦だ。今回の人事で、近藤は末端の取締役にも入れなかったという。

「マッチは、もう何年も仕事らしい仕事をしていません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.