くらし情報『男気じゃなかった!? 加藤浩次“吉本騒動”で一人勝ちの「策士」ぶり』

2019年10月7日 17:30

男気じゃなかった!? 加藤浩次“吉本騒動”で一人勝ちの「策士」ぶり

加藤浩次

(C)まいじつ

10月1日より、お笑いコンビ『極楽とんぼ』の加藤浩次が吉本興業と「専属エージェント契約」を締結したことが分かった。これにより〝加藤の一人勝ち〟が際立っている。

コトの発端は、闇営業問題だった。反社会的勢力への闇営業がスクープされ、吉本興業から宮迫博之田村亮らが謹慎処分を言い渡された。その後、宮迫と田村の〝告発会見〟によって、岡本昭彦社長によるパワハラが発覚。加藤は自身がMCを務める情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)でこれに激怒し、岡本社長と大崎洋会長など上層部が辞めなければ、自分が事務所を退所するとまで言い切った。

結局、加藤は話し合いを通じて、まだ事務所にとどまることにしたのだが、その条件として持ち出したのが、吉本興業に〝エージェント契約〟を認めさせることだった。

「エージェント契約を結んだ芸人は、吉本とギャラの交渉ができるようになります。そのため、苦しい後輩たちを救うための、加藤の〝秘策〟のように思えたのですが…」(芸能記者)

■ 稼ぎが少ない芸人には効果無し

実際のところ、エージェント契約は大金を稼いでいる〝大御所〟にしか効果がない模様。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.