くらし情報『木村拓哉“ネット意識”しまくり!?「悪いクセ」を次々に改善!』

2019年10月12日 17:30

木村拓哉“ネット意識”しまくり!?「悪いクセ」を次々に改善!

木村拓哉“ネット意識”しまくり!?「悪いクセ」を次々に改善!

画/彩賀ゆう

10月6日放送の『関口宏の東京フレンドパーク2019』(TBS系)に出演した木村拓哉に〝ある異変〟が感じられたという。

同番組はTBS系の新ドラマ出演者がさまざまなアトラクションに挑戦するバラエティーで、木村は2年前にも『A LIFE~愛しき人~』チームとして出演。しかし当時、『ホンジャマカ』とエアホッケーで対決するコーナーではパックを抑えてから強烈ショットを放つというプレーを連発し、ルール上は何の問題もないものの「ホッケーなのにラリーがない」「勝つことを考え過ぎ」とネット上でたたかれてしまったのだ。

しかし、今回の放送ではそうした姿勢は見られず、木村は一般的なプレースタイルどころか、空振りやオウンゴールといった人間味あふれる動きも連発。カッコ悪いところを見せず、〝キムタク〟像を演じなければいけなかったこれまでとは違った姿に、ネット上では、

《全然、俺様感ないね》
《今日はちゃんとラリーをしてて好感持てた》
《前回批判されたの知ってたのかな》

などと、好感や驚きが広がっていった。

■ 押し寄せる匿名の書き込みに白旗か?

木村は最近も、ネットを中心に指摘されてきた〝クセ〟を改善する姿勢が見られていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.