くらし情報『藤田ニコルの“替え歌CM”がプチ炎上「音程が気持ち悪い」「イライラする」』

2019年10月14日 07:31

藤田ニコルの“替え歌CM”がプチ炎上「音程が気持ち悪い」「イライラする」

藤田ニコル

(C)まいじつ

親しみやすいキャラクターが人気を博し、バラエティー・CMと各界で引っ張りだこの〝にこるん〟こと藤田ニコル。タレント好感度や広告効果も業界随一とされる彼女だが、最近始まったCMが珍しく不評を買っているようだ。

話題となっているのは、10月5日から放映されている、不動産情報サービス『アットホーム』の新CM。「あった!モーメント篇」と「あった!ワールド篇」の2種類があり、「ワールド篇」は15秒と30秒の2パターン存在している。「ワールド篇」は水彩で描かれたようなイラスト風の加工がされており、映像もコマ送りと、まるで藤田が画の世界に入り込んだようなメルヘンな作風。「モーメント篇」では、2017年から同社のイメージキャラクターに起用されている『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーと藤田が、スマホのスワイプ動作をイメージしたダンスを踊っている。

■ 「あの音程は何?わざと?」

そして、視聴者の不評を買っているのが、映像のバックで流れている替え歌だ。CM内では藤田が民謡『ゆかいな牧場』に合わせて「アットホームで、あった♪」と歌っているのだが、ナゼかこれが大不評。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.