くらし情報『“ハリウッド俳優”渡辺謙が「英語を話せない役」に四苦八苦!』

2019年10月12日 19:01

“ハリウッド俳優”渡辺謙が「英語を話せない役」に四苦八苦!

渡辺謙 加瀬亮

(C)まいじつ

10月9日、映画『ベル・カント とらわれのアリア』ジャパンプレミアイベントが開催され、俳優の渡辺謙加瀬亮が登壇した。Amazon ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーに輝く、実話をもととしたベストセラー小説の映画化作品である『ベル・カント――』は、11月15日より全国公開される。

2年半前にニューヨークとメキシコで撮影したという同作。渡辺は「なかなかハードな内容ですが、いろいろな人の人間ドラマです」とコメントした。

ハリウッド俳優としても名を馳せている渡辺だが、今作では英語を話せない役柄。これについて問われると、「英語のセリフを言われたときにリアクションしそうになりますが、今回はいちいち通訳に聞かなければいけない。『ラストサムライ』のころの、分からないけど理解しようとしたときを思い出しながらやりました」と、撮影の苦労を明かした。

一方で、加瀬は5カ国語を話す通訳の役(日本語、英語、スペイン語、ドイツ語など)。これについて加瀬は、語学の勉強に非常に苦労したことを明かし、「コロンビア大学の学生が来てくれて、部屋でスペイン語を勉強していました」と語った。加瀬の熱量と苦労度合いに、大先輩の渡辺も「気分転換にメシ行くか?と言いたくても誘えなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.