くらし情報『“ハリウッド俳優”渡辺謙が「英語を話せない役」に四苦八苦!』

2019年10月12日 19:01

“ハリウッド俳優”渡辺謙が「英語を話せない役」に四苦八苦!

とたじろいだようだ。

■ 「面白い作品であれば何処へでも行く」

2人は2006年公開の映画『硫黄島からの手紙』以来の共演となるが、そのときはお互いに接点のない役だった。それだけに加瀬は「今回近くでガッツリで、いい勉強になりました」と喜びをあらわに。一方で渡辺は「彼がいて心強かったし、彼が苦しんでいる姿も頼もしく思えました。頼もしい後輩がリードしているのがうれしかったです」と謙遜する。

これまでに渡辺は数々の海外映画に出演している。記者から〝海外映画に出る意味〟を質問されると、「生意気な言い方になるかもしれませんが、関係ないです。面白い作品であれば、日本・海外・アジア…。作品の大小にかかわらず行きます。『呼ばれて、飛び出て、ジャジャジャジャーン』はくしょん俳優としてガンバっています(笑)」と回答。

加瀬は「文化の違うところで育った人たちとしゃべったり、やり方を間近で見るのは楽しい」と新鮮味を感じているようだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.