くらし情報『地上波から駆逐された『オカルト番組』がネット上で大盛況!』

2019年10月16日 17:31

地上波から駆逐された『オカルト番組』がネット上で大盛況!

地上波から駆逐された『オカルト番組』がネット上で大盛況!

(C)che’ supajit / Shutterstock

超常現象や心霊現象、UFOなど1980年代から90年代にかけて大ブームになったオカルト番組。日本中を震撼させた『ノストラダムスの大予言』や、霊能力者・宜保愛子など、当時はテレビ番組の一大ジャンルとして大人気だった。

しかしここ10年ほどは、テレビでオカルト番組が放送されることは、ほとんどなくなっている。一体、なぜなのか。

「オカルト番組がブームになったきっかけは、スプーン曲げのユリ・ゲラーです。番組を見て誰もが一度はスプーン曲げにチャレンジしたことを思い出すでしょう。しかし、現代ではSNSの普及とともに〝リアリティー〟が求められるようになり、超能力や超常現象を〝ロマン〟として楽しむことができなくなってしまったのです。特に地上波では放送基準が改正され、倫理問題に厳しくなっています。曖昧な現象を楽しむ余裕がなくなっているのです」(オカルト誌ライター)

70年代後半から80年代にかけて大ヒットした『川口浩探検隊シリーズ』(現、テレビ朝日系の番組『水曜スペシャル』内の企画)は、隊長の川口浩がUMA(未確認動物)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.