くらし情報『木村拓哉が演じる“天才シェフ”が心配…「食のバッドマナー直ってる?」』

2019年10月19日 11:01

木村拓哉が演じる“天才シェフ”が心配…「食のバッドマナー直ってる?」

木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

俳優の木村拓哉が主演を務めるドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)の放送が、いよいよ始まる。一部ネットニュースで〝制作費が1話あたり1億円〟とトンデモないウワサが浮上しているようだが、ここに来て木村に関する〝ある不安〟が現場関係者内に漂っているようだ。

放送前にもかかわらず、注目度の高さから連日ニュースメディアで話題になっている『グランメゾン東京』。木村が演じる〝型破りな天才シェフ〟尾花夏樹が、鈴木京香演じる女性シェフとともに、東京で〝三ツ星レストラン〟を作り上げていくストーリーだ。

■ 天才シェフが迎え舌はちょっと…

10月16日に都内で行われた制作発表会見には、木村と鈴木の他、沢村一樹及川光博など豪華俳優陣が集結。劇中に登場する本格フレンチ料理の数々に話が及ぶと、木村は自身が調理したものだと明かす。撮影で訪れたパリで、鈴木やスタッフにお手製の〝手長エビのエチュベ(蒸し煮)〟を振る舞ったことを明かし、イベント司会や報道陣を驚かせた。

「ますます期待が高まる同ドラマですが、撮影現場では木村の〝あるクセ〟に辟易していると聞きます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.