くらし情報『「事務所どこ?」木下優樹菜が“グラドル”にマジギレした事件とは…』

2019年10月23日 19:00

「事務所どこ?」木下優樹菜が“グラドル”にマジギレした事件とは…

木下優樹菜

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

元ヤンのママタレとして、同族からカルト的人気を博していた木下優樹菜。しかし〝タピオカ事件〟以降、人気は地の底に落ちている。

〝タピオカ事件〟とは、木下が自身の姉が働くタピオカドリンク店の店長へ、インスタグラムのダイレクトメール機能を使い、

《筋道くらいとおしなよ》
《これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》
《週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ》
《覚悟決めて認めなちゃいおばたん》

など、恐喝めいたメッセージを送っていた事件。木下は自称ヤンキーであり、言葉遣いが汚いことは想定の範囲内だったが、問題なのは、芸能事務所という強力なバックをチラつかせ、一般人を脅していたという卑劣極まりない行為だ。

■ 集団圧が大大大好き!

この件で明るみになった木下の下劣な人間性だが、実は以前から、その片鱗が見られていたという。

「ウェブメディアサイト『覚醒ナックルズ』の10月18日付記事では、木下がテレビ番組の女性ADを脅していたと伝えています。何でも、《てめえなんかつぶすの簡単だからな!事務所と局に言えばおまえこの業界にいられなくなる》などと、恫喝していたというのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.