くらし情報『ギャル曽根の大食い“追加注文”に批判「出たものだけで勝負しろ!」』

2019年10月22日 11:00

ギャル曽根の大食い“追加注文”に批判「出たものだけで勝負しろ!」

ギャル曽根

(C)まいじつ

10月22日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、いつものようにギャル曽根が大食いに挑戦した。勝負が佳境に差し掛かったところで見せたメニューの〝追加注文〟が、視聴者の間で物議を醸している。

この日、ギャル曽根は1本目の収録で宮川一朗太、『ハナコ』の岡部大野村周平と対決。総重量4.2キロ、10人前の「メガ盛りカレーうどん」の完食に挑んだ。

出てきた器には、揚げたうどんや1リットルのカレールーがどっさり。うどんの麺にはタピオカを練り込み、弾力の強さに宮川の箸が折れるほど。さらに汁の中にふんだんに入れたチーズ、バターで濃厚な味に。下部には米も詰め、重々しい見た目と味でギャル曽根ら出演者を苦しめていた。

■ 四苦八苦→「あっさりうどん」を投入

残り10分を切ったところで「濃厚さに、やられてきたんで…」とつぶやいたギャル曽根は「あっさりしたかけうどんってあったりしますか?」と、別途にかけうどんを400グラム注文。濃厚なバターライスをかけうどんで「緩和」して、ギャル曽根はペースを上げた。

胃もたれしてもたつく岡部を振り切り、39分12秒で完食。岡部より36秒先んじて食べきることに成功した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.