くらし情報『元“セレブタレント”マリエの今に仰天…「オシャレな普通のおばさん」』

2019年10月22日 12:00

元“セレブタレント”マリエの今に仰天…「オシャレな普通のおばさん」

元“セレブタレント”マリエの今に仰天…「オシャレな普通のおばさん」

(C)Monika Wisniewska / Shutterstock

10月21日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に、かつてセレブタレントとして人気を博したマリエが出演。激辛メニューを必死で口に運んだが、視聴者は久しぶりに目にしたマリエの姿に驚がくしていた。

デビュー当時は華麗な生活を披露して名を上げていたマリエだが、この日は「金目のものは全部売りました」「今は全部電車移動」などと明かし、当時とは一変、家業が傾き、庶民的な生活に戻ったという。現在はファッションデザイナーとしてブランド『PASCAL MARIE DESMARAIS』を手掛けているようだ。

マリエお笑い芸人のワタリ119、小柳ルミ子野村将希森崎ウィンとともに激辛のお好み焼きに挑戦。タバスコの280倍辛いとされるジョルキアパウダーや、新潟産の激辛一味「鬼殺し」、ハバネロソースを生地や焼きそばに練り込んだモダン焼きに挑んだ。

激辛カレーを食べ歩くのが趣味といい、意気揚々とチャレンジしたマリエだったが、モダン焼きに載せた「フライド唐辛子」に悶絶。具を口にするたびにマリエの表情は歪み、最後は顔を手で押さえて「これ、無理!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.